SENNHEISER(ゼンハイザー) Neumann MA 1 DSP モニタースピーカー用アライメントマイク

販売価格 39,446円 (税込)
ご注文から3~5営業日※で出荷予定
※メーカー在庫状況により、さらにお時間がかる場合もございます。
数量
お問い合わせ
JAN
4044155256277
商品コード
508972
ブランド
SENNHEISER
製品特長

フラウンホーファーIISと共同開発したキャリブレーションアルゴリズム


KH 80 DSP と KH 750 DSP サブウーファーを使用したアナログ(DSP ベースではない)ノイマンモニターのすべてのペアのステレオセットアップの場合

1本ずつ校正された測定用マイク

ターゲットカーブ適応可能

アナログ・ノイマン・モニターのための位相と振幅の最適化

MacとPC用

製品特徴

このシステムは、個別に調整されたノイマンの測定用マイクと、それに対応する Mac および PC 用のソフトウェアで構成さ れています。
ノイマンのオートモニターアライメントは、KH シリーズのすべての DSP 制御ステレオシステム(現在の KH 80 DSP、サブウーファーKH 750 DSP、アナログスタジオモニターKH 120、KH 310、KH 420 に関しては KH 750 との組み合わせ)で利用できます。


ノイマンのスタジオ・モニタリング・システムのキャリブレーションにおける数十年の経験がソフトウェアに組み込まれています。 個人的なアシスタントのように、ユーザーをステップバイステップでガイドし、それぞれのリスニング環境を分析します。
得られ た補正データは、DSP 制御のモニターに直接保存され、処理されます。
※iPad App の Neumann.Control との併用はできかねます、ご了承ください。

【プロフェッショナルなモニタリングクオリティを実現する為の専用ツール】

ノイマンのオートマチック・モニター・アライメントMA 1は、ホームスタジオからプロのコントロールルームまで、最高の音質を保証します。
1本ずつ校正された測定用マイクを使用して、音響環境をガイド付きのプロセスで分析します。

世界有数の音響処理研究機関であるフラウンホーファーIISと共同で開発された高度な音響調整アルゴリズムは、正確で信頼性の高いモニタリングのための最適な振幅と位相の補正を保証します。

【どこでも信頼性の高いモニタリング】

ノイマンのオートマティック・アライメントは、KH 80 DSPモニターとKH 750 DSPの有無に関わらず、KH 750 DSPサブウーファーのアナログ出力に接続されたKH 80 DSPモニターと、DSPベースではない2台のKH-Lineモニターのステレオセットのための専用ツールです。

従来の補正ソフトウェアとは異なり、フラウンホーファー集積回路研究所(IIS)との共同開発により、ノイマン・スタジオ・モニター用に特別に開発された新しいアルゴリズムを搭載した統合ソリューションです。
プラグインや特別なオーディオドライバーは必要ありません。アライメント・データは、DSPを搭載したモニター自体に保存され、処理されます。独自の利点として、ソフトウェアは振幅応答を最適化するだけでなく、位相も最適化します。これにより、トーナリティとインパルスの再生において最高の精度を実現しています。

【動作原理】

最初のステップでは、ガイド付きのプロセスでリスニング環境の音響データを収集します。特別な音響知識は必要ありません。お手持ちのノイマンモニターをオーディオ・インターフェースやモニターコントローラーの出力に接続するだけです。さらに、DSPベースのKHモニタースピーカーをコンピュータのイーサネットポートに接続する必要があります。複数接続する場合、標準的なイーサネットスイッチをご準備下さい。

次に、測定用マイクをマイク入力に接続します。このマイクは、このソフトウェアのために特別に開発されたもので、個別に校正されています。ソフトウェアは測定プロセスを案内します。

測定されたデータから、ソフトウェアは部屋の音響特性を把握します。ソフトウェアによって計算された部屋固有の目標特性に従って、個々の補正パラメータが生成されます。このプロセスには、スタジオコントロールルームでのモニタリングシステムの校正におけるノイマンの数十年の経験が組み込まれています。もちろん、お客様のニーズに合わせてターゲットカーブを変更することも可能です。

さらに、サブウーファーを使用している場合は、アライメントプロセスにより、低域の最適な和音が確保されます。

結果として得られたすべての補正パラメータは、DSPを搭載したモニターに保存され、処理されます。そのため、プラグインやドライバーの問題を心配する必要はもうありません。ケーブルを追加する必要もありません。アライメント処理が完了すれば、イーサネット接続はもう必要ありません。

サブウーファーKH 750 DSPを使用することで、アナログKHモニタースピーカーのステレオセットも、モニター自動調整ソフトウェアを使用して使用することができます。
KH 750 DSP は、その出力に接続された 2 台のアナログスピーカを含むシステム全体のアライメントを行うのに十分な処理能力を持っています。

さらに、KH 120、KH 310、KH 420モニタースピーカーは、内蔵クロスオーバーフィルターの位相リニアライズの恩恵を受けることができます。
その結果、明瞭度が向上し、ドライな低音、リバーブや音響空間の時間的に正確で正確な描写が可能になりました。

【必要なハードウェア】

・KH DSPモニタースピーカー1台またはKH 750 DSPサブウーファー1台とアナログ(非DSPベース)KHモニタースピーカー1台の組み合わせ
・ノイマンMA1測定用マイク
・コンピュータ(Windows 10 64ビット)、またはmacOS 10.13、10.14または10.15
・48 Vファンタム電源のバランス・アナログ入力と2つのバランス・アナログ出力、またはデジタルAES 3出力を備えたオーディオ・インターフェース(KH 750 DSP搭載時のみ)
・ネットワークスイッチ
・ソフトウェア要件:オペレーティングシステム Windows 10 64ビットおよびmacOS 10.13、10.14または10.15
・ノイマン自動モニターアライメントソフトウェア
・ASIOドライバー(Windows用)
・DSPモニタースピーカー(ネットワーク対応モデル)
以下のスピーカーとサブウーファーはネットワークに対応しており、ソフトウェアで直接制御することができます。

KH 80 DSP
KH 750 DSP
アナログ モニタースピーカー(ネットワーク非対応)
以下のモニタースピーカーはネットワークに対応していないため、ネットワーク経由で接続する必要があります。
を有効にしたサブウーファーをシステムセットアップに含めることができます。
KH 120 A
KH 120 D
KH 310 A
KH 310 D
KH 420/KH 420 + DIM 1