Roland(ローランド) V-800HD MK II マルチ・フォーマット・ビデオスイッチャー

販売価格 1,097,800円 (税込)
ご注文から3~5営業日※で出荷予定
※メーカー在庫状況により、さらにお時間がかる場合もございます。
数量
お問い合わせ
JAN
4957054511241
ブランド
Roland
製品特長

マルチ・フォーマット・ビデオスイッチャーの定番機をブラッシュアップ。 新たにAUXバス専用スイッチを設け、視認性、操作性ともにアップデート。さらに現場力を増して新登場。

  • 最大16入力、8クロスポイント
    (4 SDI/コンポジット+4 DVI-I/HDMI)
  • 6出力(2 SDI+2 DVI+RGB+コンポジット)同時出力
  • マルチビュー・モニター出力機能
  • 高画質4:4:4/10bit処理
  • 1080p/i、WUXGA処理を選択可能
  • 1M/E(KEY、PinP)+DSK
  • 全入出力にFS&スケーラー搭載
  • 3G、HD、SDの3モード*3G-SDI Level A/B両対応
  • HDCPソースのスイッチング/合成が可能
  • 16枚2系統出力の静止画メモリー
  • AUXバス・スイッチ

アプリケーション / 接続例

イベント演出

講演映像・ライブ演出

リアルタイムに状況が変わっていく現場では、様々な映像ソースに対応する必要があります。V-800HD MK IIではHDやSDのビデオカメラ、PCやスマートデバイスといった画角やフレーム・レートの違うソースを、全チャンネルに搭載したスケーラーにより処理。
フォーマットの違いを自動で判別し、設定調整します。

細かな位置調整は、ジョイスティックやメニューからリアルタイムに追い込むことができるので、プロの仕事のランクをアップすることができます。

この映像処理は4:4:4/10bit処理の高画質。300インチを超えるような超大画面や、ドットひとつひとつを大切にするLEDディスプレイなどに最適で、今日の映像演出の必要な性能を網羅しています。
新設のAUXバス・スイッチにより好みの画像をメイン出力以外に送出できるので、さらに幅広い演出が可能になりました。

ホール / シアター / 教会

常設のビデオ・スイッチャーとしてもパワフルに働きます。オペレーターが不慣れな場合でも、メモリー機能で元来のセッティングをワンタッチで読み込み可能。
企業ロゴなど本体内に保存した16種類の静止画のうち2枚はワンタッチで出力可能で、8系統の入力は接続する機器ごとに決めておけば迷うことはありません。

さらにAUXバスで楽屋へのSD映像の送り出しも可能。また、カメラが少ない場合は、マルチズーム機能でアップの映像を作り出したすことができます。設備のポテンシャルを最大化するスイッチャーです。

ライブストリーミング・プロダクション

ストリーミング・スタジオ

新鮮な情報を提供し続けるライブストリーミングは、日々違ったフォーマットの映像ソースや出演者に対応しなければいけません。
V-800HD MK IIのインプットは1080i、1080p、720pに同時に対応。PC映像も最大WUXGAまで対応するので、高画質なライブストリーミングのリクエストに応えることができます。

PinPやKey合成を駆使して、ニュースやインストラクションなど様々なシーンの映像を構成できます。

高画質1080/60p対応

ハイビジョン放送の映像信号「1080/60i」はもちろん、2倍の情報量:3Gbpsにおよぶ「1080/60p」にも対応。しかも、緻密かつ滑らかな階調と色再現の「4:4:4/10bit処理」。高リアリティー、高精細なカメラやPCソースの魅力を余すことなく表現します。

真のマルチフォーマット

映像出力フォーマットに合わせて、わざわざ入力ソースを変換する必要はありません。各入力に用意した「スケーラー」で解像度と縦横比を自在に調整。
各入力ソースの設定は自動的に行われるため、スピーディーな設営が可能です。

* SDI入力は本体設定と同じフレーム・レートを入力してください。
* VESA DMT Version 1.0 Revision 10準拠。
*1 フレーム・レートの設定が50Hzのとき出力リフレッシュ・レートは75Hzとなります。
*2 Reduced blanking
*3 リファレンスをエクスターナルとした場合、800×600/60Hz出力のリフレッシュ・レートはVESA規格に準拠しなくなります。このため、一部の機器で表示できなくなる場合があります。

充実のマルチインターフェース入出力

V-800HD MK IIは、アナログからデジタルまで、多くの入出力フォーマットに対応します。SDIコネクタは3G、HD、SDに。DVI端子はDVI-Dはもちろん、変換コネクタを利用すれば、HDMI入出力にも対応します。アナログRGBやアナログ・コンポーネントに対応するRGB/コンポーネント端子も装備しています。
※HDMIは市販の変換アダプターもしくは変換ケーブルを介して接続します。

AUXバス・スイッチを装備

本体にAUXバスを設置。プロジェクターとLEDスクリーンなど、2つの出力にPGMバスとAUXバスのそれぞれの映像を出力することができます。

ライブに、そしてイベントにフィット

高精度な内部処理プロセス、高画質でビデオとRGBを同時出力

内部処理4:4:4/10bit、ネイティブ・フォーマット・スイッチング

V-800HD MK II内部の信号処理は、4:4:4/10bit。これにより、HDカメラや、PCからの高精細なRGB信号を劣化させることなく合成処理し、出力することができます。RGBで信号を入力するLEDタイプの大型ビジョンに対しても、PCから出力された映像や文字がぼやけることなく、シャープに表示できます。ライブ放送からイベント送出まで、様々な用途で高画質を約束します。 システム解像度は480iから1080p、VGAからWUXGAから選択可能。XGAのネイティブフォーマットのままのビデオソースのスイッチングにHD-SDIの信号を合成するような、LED向けのビデオ・スイッチャーとして威力を発揮します。

高画質キー合成エンジン

高画質な映像処理のコアを使い、高画質な映像合成が可能です。クロマキーはHSV色空間をベースに、位相幅、クロマ量などの調整が可能。もちろん1080/60pの映像ソースにも対応、4:4:4/10bitの高精度処理で、高品質のクロマキー合成を実現します。エクスターナルキーも搭載。カラフルなCGタイトルや、グラデーション素材を美しく合成、よりビジュアル効果の高い演出が可能になります。


クロマキー合成       エクスターナルキー合成

入出力確認用マルチビュー・モニター出力

T背面のHDMI端子からは、入力ソースとPGM/PVW出力の状態が確認できるマルチビューが出力されます。廉価なPC用モニターが利用できるほか、大画面テレビを接続することで、スタジオへの返しや多人数での映像管理にも活用できます。

* 入出力確認用モニターは1080/60p、HDCPに対応したものをお使いください。
* DVI-I、RGB端子に入力された信号の表示はスキップフレームとなります。

HDCPモード搭載

Blu-rayディスクなどの商用コンテンツやデジタル放送チューナーのHDMI出力はデジタル著作権管理技術「HDCP」で暗号化されており、未対応の機器では扱うことができません。V-800HD MK IIでは、このHDCPで暗号化された映像ソースに対応する「HDCPモード」を搭載。表示はもちろん、他のソースと切り替え/合成も可能です。

すべての人にハイエンドを

シンプルな操作で多彩な映像効果を実現。

マルチズーム

カメラやPCソースを隣接するチャンネルで共有。各チャンネル毎に調整されたスケーラーを使って映像を切り出すことで、あたかもマルチカメラ・スイッチングのような映像効果を演出します。
*入力の共有は1~4チャンネル、および5~8チャンネルの隣接するチャンネルで可能です。

MIDIによる連動

MIDIケーブルで接続すれば、オーディオ・ミキサーとの連動や、複数台のスイッチャーの一括操作が可能に。シンプルな配線でシステムアップを実現します。

オーディオ・ミキサーとの連動
ビデオ・フェーダーの操作でオーディオ・ミキサーのフェーダーをコントロール。映像と音声をワンアクションでクロスフェード可能に。

2台のV-800HD MK IIの連携
1台の操作で2台のV-800HD MK IIを同時にコントロール。3D映像やマルチスクリーンのスイッチングに対応します。
映像処理
プロセッシング 4:4:4(Y/Pb/Pr、RGB)、10ビット
対応フォーマット
ビデオ 480/59.94i、576/50i、480/59.94p、576/50p、720/59.94p、720/50p、1080/59.94i、1080/50i、1080/59.94p、1080/50p
※SDI/コンポジット入力は、本体設定と同じフレーム・レートを入力してください。
PC 640×480/60Hz(※1)、800×600/60Hz(※1)(※3)、1024×768/60Hz(※1)、1280×768/60Hz(※1)、1280×1024/60Hz(※1)、1366×768/60Hz(※1)、1400×1050/60Hz(※1)、1600×1200/60Hz、1920x1080/60Hz、1920×1200/60Hz(※2)
※VESA DMT Version 1.0 Revision 10準拠
※1 フレーム・レートの設定が50Hzのとき、出力リフレッシュ・レートは75Hzとなります。
※2 Reduced blanking
※3 リファレンスをエクスターナルとした場合、800×600/60Hz出力のリフレッシュ・レートはVESA規格に準拠しなくなります。このため、一部の機器で表示できなくなる場合があります。
静止画 Windows Bitmap File(.bmp)
※最大1920×1200、1ピクセル24ビット、無圧縮
入力/出力レベル、インピーダンス
コンポジット 1.0Vp-p 75Ω
アナログHD/RGB 0.7Vp-p 75Ω(H、V:5 VTTL)
入力端子
3G/HD/SD-SDI BNCタイプ×4
※SMPTE 424M(Level-A、Level-B)、292M、259M-C準拠
DVI-I/HDMI DVI-Iタイプ×4
※チャンネルごとにDVI-AかDVI-D/HDMIをスイッチで選択
アナログ・ビデオ(HD) コンポーネント(15ピン・ミニD-subタイプ)×4
※アナログRGBと兼用
アナログ・ビデオ(SD) コンポジット(BNCタイプ)×4
※チャンネルごとにコンポジットかSDIをメニューで選択
アナログRGB 15ピン・ミニD-subタイプ×4
※アナログ・ビデオ(HD)と兼用
※チャンネルごとにDVI-I/HDMIかアナログRGBをメニューで選択
出力端子
3G/HD/SD-SDI BNCタイプ×2
※SMPTE 424M(Level-A、Level-B)、292M、259M-C準拠
DVI-D/HDMI DVI-Iタイプ×2、HDMI×1(マルチ・ビュー・モニター用)
アナログ・ビデオ(HD) コンポーネント(15ピン・ミニD-subタイプ)×1
※アナログRGBと兼用
アナログ・ビデオ(SD) コンポジット(BNCタイプ)×1
※外部入力されたリファレンス信号とは同期しません。
アナログRGB 15ピン・ミニD-subタイプ×1
※アナログ・ビデオ(HD)と兼用
その他端子
タリー 15ピン・ミニD-subタイプ×2
※最大入力:12V/200mA、オープン・コレクター・タイプ
リファレンス BNCタイプ(IN、THRU)
※ブラック・バースト(フレームに同期)、2値同期、3値同期
MIDI 5ピンDINタイプ(IN、OUT/THRU)
RS-232 9ピンD-subタイプ×1
USBポート(ホスト) Aタイプ×1(USBメモリー用)
エフェクト
切り替え ミックス、カット、ワイプ(9種類)
合成 PinP、DSK、クロマ・キー、ルミナンス・キー、エクスターナル・キー
その他 アウトプット・フェード、アウトプット・フリーズ
その他
電源 AC 100V(50Hz/60Hz)
消費電力 75W
動作温度 0~+40℃
付属品 取扱説明書、電源コード(2P-3P変換器)、ラック・マウント・アングル×2、保証書、ローランド ユーザー登録カード
外形寸法 / 質量
外形寸法 482(幅)×275(奥行)×116(高さ)mm
※ラック・マウント・アングルを取り付けた状態
質量 5.5kg

※本製品の電磁適合性規格は、FCC Part 15 Class A です。