蔵(CURA) 正絹 真田紐ネックストラップ120cm ブラック/ゴールド

販売価格 13,200円 (税込)
お取り寄せ
数量
お問い合わせ
JAN
4560491550263
ブランド
CURA
ご注意:沖縄県と離島は送料無料の対象外となります。
製品特長

日本の伝統工芸品

真田紐師 藤斉

大正時代から続いている家業を受け継ぐ関東で唯一の真田紐師、市村藤斉が織る真田紐は、創業時から使用する手入れの行届いた木製の織機で織られています。この織機により他にはない藤斉独特の厚みとしなやかな紐が生まれます。「藤斉」の真田紐は茶道界や陶芸界で名のある先生方に好んで使われているだけでなく、宮内庁に納められる茶器や陶磁器の桐箱にも使用される逸品です。


真田紐とは

戦国時代の武将、真田幸村とその父、昌幸が「強く丈夫な紐」として武具・甲冑等に用いたことから、その名がついたといわれています。同じ紐でも一般的な組み紐は組む、真田紐は織るといいます。真田紐は縦糸と横糸で織りあげるので伸びることがなく、結びなおしにも強い、張りのある丈夫な紐です。おそらく世界で一番狭い織物と言えます。織物ならではの印象的な織柄が紐の表裏にあわわれるため、ほかの紐にはない、独特の美しさがあります。古くは刀の下げ緒、たすき、行商の荷紐、男性用の帯などにも使われていました。

※真田紐は織りの工程上、糸の繋ぎ部分(画像参照)があるのが特徴です。


真鍮製2重リング

このリングは、カメラボディなどにも使われていた真鍮製です。真鍮のため、一般で売られている鉄製リングと比べ柔らかく、アイレットやボディーを傷めづらく、取付時も非常に楽で爪にも優しいリングです。また、バリが出ないよう、(バリでボディやストラップ本体など傷つけにくくすため)手間と時間(約20時間)をかけ、細部まで滑らかな仕上げを施した逸品です。*耐荷重:5kg


革部分

本ヌメ革の為、経年変化により飴色に変化します。時間の経過とともに移り変わる風合いをどうぞゆっくりと、お楽しみください。



主な仕様

サイズ幅:15mm、長さ:1200mm
素材シルク(絹)、本ヌメ革(タグ・先端部)/リング:真鍮製
生産地日本製


使用上の注意

汗や雨などに濡れたまま、他の繊維などの上に放置したり、摩擦すると色が移り、色落ちや色ヤケすることがありますので衣類などへの色の付着にご注意ください。 また、革が一部ついている製品についてもその革が色落ちすることがありますので十分ご注意ください。薄い色の衣服をご着用の際は特にご注意ください。