【GIN-ICHIスタッフブログVOL.64】第1章『カメラマンに是非!! MYSTERY RANCHのすヽめ』



こんにちは!

ここ一年で激コロナ太りしてしまい、会う人会う人に『太ったね~』『あれ?ちょっと丸くなった?』『おっぱいできた?』等々のお言葉を頂いているカバン大好き月島スタッフのTです。深夜に食べる食事の量がバグっているので、最近は食事制限でおにぎり一個にしています。痩せなくては、、、

さてさて本日は、昨年度の取り扱いよりご好評いただいておりますミステリーランチについてご紹介したいと思います。
前回スタッフブログVOL.7(2020/3/12)
にて、紹介させて頂きましたが、今回はさらにMRの歴史/こだわり/オススメモデル/使い方等々を計3回に分けてお伝えできたらなぁ~と思います(いい鞄ですので)





*ミステリーランチとはなんぞや


アウトドア好きな方だったらご存知でしょうか?キャンプや登山で使うようなバックパックを作っているブランドです。
今回は設立ストーリーについて少しお話ししようと思います。


2000年アメリカ・モンタナ州ボーズマンにてバッグデザイナー『デイナ・グリーソン』により創設されました。
ちなみに名前の由来は、昔デイナが、ボストンにいた際、よくみていたTV番組『Radio Ranch』からきているらしく、
『農場』がたくさんあったモンタナ州にマッチする事、そしてこれから誰もが驚くバックパックを作ろうと密かに策を練る自分たちにぴったりという事でつけたようです。

(*デイナ・グリーソン)

デイナは、「利益だけにとらわれず、本当に優れた高品質なバックパックを追求したい!!」
という思いを胸にスタッフ達と試行錯誤を繰り返し、
のちにご紹介する『フューチュラヨークシステム』や『3ジップアクセス』など革新的なアイデアを次々に生み出していきます。
そしてその機能性と、堅牢であり信頼性が非常に高い事からも、米軍の特殊部隊を中心にミリタリー、森林消防隊、救急医療隊、山岳ガイドなど各分野の最前線で命をかけて職務に取り組んでるプロフェッショナルから採用されている究極のバックパックメーカーと言われる様になりました。

(*3ジップアクセス)


(*フューチュラヨークシステム)

この『デイナ・グリーソン』という人物が『アウトドア界のレジェンド』とも評されるかなりすごい方!!
実はMR創設以前にもいくつかのアウトドアショップや、ブランドを立ち上げていました。
1974年、もとよりアウトドアショップの仕事についていた彼は、山により近い自然環境を求めて、サウスダコタ州デットウッドへ移住します。そこで、「Mountain Man」というショップを開業。その後現在のモンタナ州ボーズマンへ引っ越し、アウトドアブランド&ショップ『クレッターワークス』開業。事業拡大・成長を繰り返し1985年に伝説的なバックパックブランド『Dana Design』を世に送り出します。

その後、様々な事情により愛してやまないバックパックを作る事が出来なくなり一旦はスキー漬けの毎日になりますが、再度アウトドア業界へ復帰を果たしその後長きにわたって、最高のバックパックを作り続けています。

そんな彼、実は『元修理職人』。 70年代の『Mountain Man』時代に修理職人としての技術とオーダーメイドの技に磨きをかけていました。鞄の弱点を長年知り尽くしているからこそ、最高のバックパックを作る事が出来るんですね~
ここまで読んでいただければ「MRって2000年にスタートしてるし、案外新しいブランドなんだ~」なんて、思わないですよね?MRの全ての製品は、2000年よりもずっと以前、約40年に及ぶ革新の歴史に包まれ、業界をリードし続けた最も機能的で心地良く高品質のパックデザインに根付いているのです。
↓MRのミッションスローガン ”BUILT FOR THE MISSION”について↓ https://aandf.co.jp/video/video_2016_mysteryranch_builtforthemission



*なんでカメラ屋がミステリーランチ?



普段ミステリーランチは主にアウトドアShopでご覧いただく事が多いでしょうか?
そんな中『なんで銀一がやってるの?』と思いますよね。
『え、銀一ってカメラ屋だよね?』『銀一ってカバン屋なの?』『銀一ってプロショップだよね?』って思いますよね?ね?(自分も思ってました)

実はカメラマンさんでMRをお使いの方って意外と多いんです!!スタジオショップにもお使いのお客様がちらほらご来店頂きます。(弊社スタッフも愛用者がおります。)
もちろんそれだけで、取り扱いを開始したわけではありません。

多々理由はありますが、一番の理由は『ともかく頑丈だから』です!!
ミリタリーやハンター、山岳ガイドなど常に危険=死と隣り合わせの環境で働くプロの現場で使用される鞄だからこそ、素材やカッティング、縫製、ミシンピッチまで全て考え抜かれ、極端に凝った作りをされています。

撮影の現場を想像してみてください。『カメラバッグのストラップがちぎれて落下。一発撮りなのにカメラが壊れて撮影できない。修理代も保険効くかなぁ~』なんてあったら最悪ですよね。

そもそもカメラ/レンズ/ストロボなど何百万もする機材を持ち運ぶのだからバッグも安心したものを使いたいと思います。
そんな時にMRはとっても安心 ちょっとやそっとでは壊れません。
それは、色々なこだわりや熟練の職人技術が詰まっているから。
次回はそんなMRの細い技巧についてご紹介したいと思います。
これを読めば絶対欲しくなるはず!!ぜひお楽しみに~



ミステリーランチの商品一覧はこちら


→ブログ一覧へ戻る