【新製品】Profoto Connect Pro




Profoto Connect Proは驚くほど簡単に使えます。ユーザーマニュアルは必要ありません。大型ディスプレイは直感的でわかりやすく、TTL自動調光グループコントロールも改善されています。カメラのホットシューに取り付けるだけで、撮影の準備が整います。

ConnectProは、個々のフラッシュ設定を明確な数値で表示してくれるので、撮影位置から瞬時にして完全にコントロールできます。微調整が自由自在で、狙ったとおりの効果を得ることができるのです。
この「十二分な」コントロールは、Profoto独自のAirX接続により可能となり、撮影シーンに合わせたワークフローを実現することができます。
また、Connect Proのグループコントロールは、iPad、iPhone、またはAndroidスマートフォン向けのProfotoControlアプリでミラーリングでき、情報を受け取るデバイスを選択することができます。

さらに、最大100チャンネルまで利用できるので、商業用の大規模なスタジオであっても、ライティングをセットアップするチャンネルを常に確保することができます。
電池寿命の向上や、充電式電池への対応、Profoto AirXによるシームレスなファームウェアアップデートなど、コネクティビティがさらに向上しています。




特長



リモートから直接、個々のライトを絶対出力値でコントロール。

AirまたはAirXと互換性のある
Profotoライトをシンクロ、マニュアルコントロール。
直感的で使いやすいユーザインタフェース。
シンクロ、リモートコントロール: 0.5~300 m、TTL: 0.5~100 m 最大100チャンネルTTLグループコントロール
TTL自動調光で得られた適正露出値を引き継いで、TTLモードからMANモードに切り替えられるので、大幅な時間短縮が可能です。
Profoto Controlアプリによるワイヤレスアップデート




製品一覧