• 送料無料

thinkTANKphoto(シンクタンクフォト) アーバンアプローチ 15

販売価格 30,800円 (税込)
在庫あり


※納期について※

在庫あり→【当日出荷対】
午前9:00までのご注文で当日出荷いたします。
※土日祝日、弊社休業日は出荷業務を行っておりません。翌営業日の出荷となります。
※銀行振込、ショッピングローンでご注文の場合はお支払い後の出荷となります。
※【当日出荷対応】表記のない商品と一緒にご注文の場合は通常出荷となります。
※出荷状況や運送会社の事情により対応できない場合もございます。
在庫わずか→店頭併売品のため、ご注文のタイミングによっては在庫がご用意できかねる場合がございます。予めご了承下さい。
お取り寄せ→在庫状況により次回入荷までにお時間いただく場合がございます。
数量
お問い合わせ
JAN
0874530008535
ブランド
thinkTANKphoto
製品特長
主な仕様

ミラーレスカメラ用にデザインされた、これまでにないようなバッグ

アーバンアプローチ15バックパックは、アーバンディスガイズクラッシックシリーズのあきのこないデザインをそのままに、十分な収納スペースと保護機能を備えたバックパック。十分な収納スペースをもちつつ、ミラーレスカメラとアクセサリーにも簡単にアクセスでき、15インチラップトップ1台と10インチまでのタブレット1台、スマートフォン、カメラアクセサリーをいれるスペースがあります。ローコントラストでマットな質感の黒い見た目で、どんな環境にも自然にとけこみます。ジッパーは、機材に簡単にアクセスできるよう大きく開きます。ミラーレスやコンパクトカメラなどを安全かつ、いつでも使える環境で持ち運べるようにしてくれるバックパックです。

特徴

・プレミアムな素材を使いミラーレスギア用にデザインされた高品質な造り
・フルサイズのタブレット1台と15インチラップトップ1台収納用ジッパー付きコンパートメント
・ボトムコンパートメントの取り外し可能なディバイダーを利用してデイパックに転換可
・YKK RC フューズジッパー,1680Dバリスティックナイロン、メタルハードウェア、ナイロンシートベルトウェビング、アクセントとなっているBBGレザーは、現在市場にでている素材の中でも、最も丈夫でもちの良い素材のひとつです。
・スタンダードもしくはグリップドミラーレス本体をレンズを装着したまま収納可
・同梱のストラップを使用してバックパックの側面に三脚装着可能
・スマートフォンや財布を入れるのに便利なフロントポケット
・折り畳み傘や懐中電灯、ペットボトルを入れるのに便利なストレッチするサイドポケット
・調整可能な胸ストラップの付いた頑丈なショルダーハーネス
・アーティキュレイテッドバックパネルが、ちょうど良いクッション性と通気性を提供
・内部のオーガナイザーポケットは、フィルターや、バッテリー、カードなどに簡単にアクセスすることが可能
・シームシール加工のレインカバーが同梱

仕様

外寸 28 x 46.5 x 18 cm
内寸 24 x 41.5 x 10-13.5 cm
重量 1.3kg
ラップトップ収納部 26 x 40 x 3 cm、タブレット収納部:20 x 25 x 1.5 cm、スマートフォン収納部:16 x 12 x 4 cm、レインカバー同梱
収納例 ズームレンズ付大型ミラーレスボディ、望遠ズーム2本、単焦点レンズ2本、ズームレンズ装着小型ミラーレスボディ、小型フラッシュ2台、タブレット、15インチラップトップ収納可。
例) ・ソニーa7(24-70mm/f4装着)、70-20mm/f4、55mm/f1.8、35mm/f2.8
 ・キヤノンEOS Kissシリーズ(標準ズーム装着)、キット望遠ズームレンズ、50mm/f1.8、タブレット、15インチラップトップ

特集まとめ

2022年に発表されたトラベルラインは、世界中を旅し素晴らしい写真でその体験を伝えるすべてのフォトグラファー・トラベラーへ向けて、彼らの新たな旅のパートナーとなるラインナップを取り揃えています。製品を通じて輝かしい体験を追求する人々をサポートします。
カメラバッグブランドとして定番のThinkTankphotoのローリングバッグ、バックパックでお悩みでしたらこちらの自分にぴったりのものをすぐに探せるチャートでおすすめをご紹介いたします。
銀一スタジオショップがおすすめするバッグをブランド/バッグタイプ/シチュエーション別でご紹介いたします。それぞれの用途にあったバッグが見つかります。





thinkTANKphoto (シンクタンクフォト)

thinkTANKphoto社は2005年、二人のデザイナー、それに二人のフォトグラファーのチームによって設立されました。大手カメラバッグメーカーで何年にも渡って製品デザインをした経験から厳しいフィールドテストに持ち出して改良点を指摘する、という過程を繰り返して生まれてくる製品はどれも野心的で、かつ洗練された使い心地を誇ります。