VoightLander(フォクトレンダー) APO-LANTHAR 35mm F2 Aspherical VMマウント

販売価格 115,200円 (税込)
お取り寄せ
ご注文から7~10営業日(土日祝・弊社休業日を除く)程度※で出荷予定
※メーカー在庫状況により、さらにお時間がかる場合もございます。
数量
お問い合わせ
JAN
4530076132504
ブランド
Voight Lander
製品特長

APO-LANTHAR 35mm F2 Aspherical E-mountは、ソニー製ミラーレスカメラのイメージセンサーに最適化された、極めて性能の高いマニュアルフォーカスの準広角レンズです。

アポクロマート設計により軸上色収差をはじめとする各種の収差を徹底的に排除するとともに、解像力やコントラスト再現性に関しても究極の性能を追求。
9群11枚構成のレンズには異常部分分散ガラス5枚、両面非球面レンズ2枚を投入し、フローティング機構も搭載。

最短撮影距離35cmから遠距離まで破綻のない描写力を発揮。
フルサイズ35mmF2という、慣れ親しんだ準広角レンズの価値観を一変させる性能を誇ります。

 究極の性能という技術者の夢は時として独善に陥り、レンズのサイズや重量が増えることで撮影者の喜びとつながらない場合もあります。フォクトレンダーのレンズは、妥協のない光学性能を達成しながら、ハンドリングにも優れているべきであると私たちは考えます。

APO-LANTHAR 35mm F2 Aspherical E-mountの目指した究極の光学性能とコンパクトさの両立は、その理想形の一つであり、既発売の標準レンズAPO-LANTHAR 50mm F2 Aspherical E-mountとほぼ同等のサイズ感を実現しています。

また、12枚からなる絞り羽根は開放のF2だけでなくF2.8、F5.6、F16でも円形になる特殊形状を採用。点光源などの“玉ボケ”を活かした作画が可能です。

 本レンズはマニュアルフォーカス・マニュアル絞り専用設計ですが、電子接点を搭載しており撮影データのExif情報にレンズの使用状況が反映されます。

また、距離エンコーダーも内蔵しているので、シフトブレ補正に被写体までの距離情報を使用する5軸ボディ内手ブレ補正機能を搭載した機種にも対応。
フォーカスリングの操作によるファインダーの拡大表示なども可能です。

絞りリングは1/3ストップのクリック付き。

動画撮影時にはクリックなしに設定できる絞りクリック切替え機構を、コンパクトな鏡筒の中に搭載しています。

製品スペック

焦点距離 35mm
口径比 1:02
最小絞り F16
レンズ構成 9群11枚
画角 62.2°
絞り羽根枚数 12枚
最短撮影距離 0.35m
最大径×全長 φ62.6×67.3mm
フィルターサイズ φ49mm
重量 352g
レンズフード 付属
電子接点 搭載