動画トピックス

GINICHI関連サイト

  • スタジオショップウェブサイト
  • 銀一株式会社ウェブサイト
  • スタジオショップレンタルウェブサイト
  • ファクシミリオーダーシートPDF

ブランドサイト

  • シンクタンクフォトウェブサイト
  • ステディカムウェブサイト
  • クランプラーウェブサイト
  • キットライトウェブサイト

thinkTANKphoto 「TEAM LUKE」エディションのご案内

2017年08月25日(金)



ご好評につき限定数完売いたしました。

thinkTANKphotoと、そのアンバサダーを務めるルーク オザワ氏とのコラボレーションバッグが誕生しました。

モデルはルーク氏が普段から愛用しているエアポート ナビゲーターを元に、イメージカラーのブルーを随所に使用したスペシャルモデルです。

見た目はオリジナルのエアポート ナビゲーターですが、ホイール、ジッパープルの紐、ボトルホルダー部分、内部などにブルーを施しています。また今回のためにデザイン、製作された「TEAM LUKE」ワッペンも3箇所(バッグ上部、正面、付属ストラップ)に縫い込まれています。

世界中のフォトグラファーに信頼されているthinkTANKphoto社が、個人とのコラボレーションモデルを発表するのは初めての試みとなり、世界的にも話題の製品です。ルーク氏のファンはもちろん、thinkTANKphotoファンも満足いただける仕上がりです。

限定100個の特別生産です。(次回製作は未定)

ルーク オザワ氏による使用イメージ

Team Luke Editionのご予約はこちら(販売終了)

製品の特長

随所にブルーを施し、リミテッドエディションの存在感をだしています。

TEAM LUKEワッペンはバッグ正面、上部と付属のストラップに使用しています。ストラップは他のバッグでも使用できます。

バッグ上部はTEAM LUKEワッペンが縫われ、名刺入れ部分のパイピングをブルーへ変更しています。

ホイールは静かで滑らかで好評のオリジナル同様に、カラーをブルーに変更しています。

ジッパープルの紐にもブルーを使用し、オリジナルとの印象を控え目に変えてます。

バッグ内部、ディバイダーにもイメージカラーのブルーを配色しています。

Team Luke Editionのご予約はこちら(販売終了)

エアポート ナビゲーターについて

航空会社のパイロット達が使うフライトケースをモチーフにした、背の低いローリングケースです。機材を取り出す際にはトップだけでなく、ケース前面のパネルを開けることもでき、大変便利な構造になっています。

プロ用一眼レフを2台、レンズ3~6本に加えて15.4″ノートPCを収納可能な容積を確保しつつ、国際線機内持ち込み基準に適合しています。ショルダーストラップを備えているので、段差がある場所や荷物が軽い時にはケースを肩から提げて歩くことも出来ます。

ハンドルを伸ばした時には、そこにアーバンディスガイズ シリーズなどのショルダーバッグを通すことができ、街歩きの際に便利です。さらに本製品のショルダーストラップのパッド部分はスリット状になっており、エアポートセキュリティなど、より大きいローリングケースに重ねて移動することもできます。ケース側面にはドリンクボトルを入れるポケット有。

主な仕様
サイズ(外寸) 40.6 × 39.4 × 25.4cm
カメラ収納部内寸 38.1 × 33 × 17.3cm
ノートPC収納部内寸 37.6 × 28 × 3.8cm
重量 3.7-4.2Kg(中仕切枚数により増減)
カラー ブラック
Team Luke Editionのご予約はこちら(販売終了)